BicSport Japan & JUBF 2018

  • キャプチャ
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitter Social Icon
  • Facebookの社会的なアイコン
  • logo

Contact or Request : Okuda Junichi 

                                    Tomoki Murayama 35-12

レディキャン 2019.5.3-5

Report by 12-2 中尾仁美  Designed by J.O Photo by Instagram

お疲れ様です。

京都大学 12-2 中尾仁美がレポートを書かせていただきます。

5月3〜5日の3日間にかけて浜名湖で全国の2.3回レディースが集まるレディースキャンプ(略してレディキャン)が開催されました。関東、関西、四国から、総勢69人のレディースが集まりました。

初めに、ゲレンデを貸して頂いたNUTS様、協賛を頂いたBIC sport japan様、また3日間運営だけでなく、コーチとしても大変お世話になった2019年度のNTさん方、尾川 潤さん、岩崎 雄太さん、本当にありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

今年はずっとドン吹きの昨年とは異なり、レディースに優しく、恵まれた風で行うことができたため、非常に有意義な時間を毎日過ごすことができました。

1日目

午後、艇速練とスタ練からレディキャンは始まりました。

艇速練中は西南西6~7m/sとレディースにとって丁度いい吹きの練習をし、最後に風が上がり、レース1本消化しました。

【第1レース】 西南西7~9m/s

レースはかなりのショートレグで、スタートで衝突なく出ることができ、かつ吹きの艇速がある者の順にフィニッシュしていったという感じです。1位11-99伊織、2位35-45 江理香、3位12-34 薫とオーバー目の吹きが得意な子らがやはり速かったです。私はというと、タックで滑って沈するわ、パッと見るとフィンに1.5mくらいの長い枝みたいなのが絡まるわ、ついてないなあという感じでした。

​DAY1リザルト

2日目

午前は1日目のリザルトで班を分けて中風で艇速練とスタ練、午後からMax4本レースするつもりでした。

【第2レース】 南西3~6m/s

1上、最初のブローで右にわたらずに、アプローチアンダーくらいまで左に伸ばして、堤防からの大きなポートリフトブローで返した私(12-2)と12-71麻耶がダン1、ダン2で回航してそのままフィニッシュという感じです。(NTさんは除きます。)3位12-34 薫、4位35-26 智恵理、5位47-4 入澤奏巴ちゃんでした。

そのあと、風的にはレースをもっとしたかったのですが、あいにく雷が鳴って全員浜バック。帰着後、どんどん雷が鳴りまくり、2日目は16時くらいには終わりました。午前中はかなり晴れていたのに17時頃にはチャペルの向かいのことぶき館の避雷針に雷が落ちたり、5月なのに雹が降ってきたり、異常な天気でみんなテンションがおかしくなっていました。夜は、毎年恒例の交流会が開かれ、クイズ大会やお菓子を食べて関東の人たちやコーチ陣とも仲良くなれて盛り上がりました!12-94 有紗、良い司会ありがとう!

3日目

9時からレースのはずがしばらくは風が全くなくウェイティング。やっとオフで風が出てきた頃に2本消化して時間的にレースは終了しました。

【第3レース】 南東1~3m/s

スタートがマスパンで琵琶湖勢がかなり有利な展開。この風向は大きなブローが全体海面に広がり左右交互に大きく振れるイメージに感じました。私は上から何とか出て、直後に全員リーパン漕げるポートリフトが入り、右にいた私は終わったなあと思っていましたが、アプローチで右に徐々に振れ、アンダー目で返した私がジャストアプローチで耐えの4位回航、私の前を切って上に伸ばした艇がオーバーアプローチになっていました。1上1位12-34薫、2位12-71麻耶、3位12-18明という感じです。1下がゲートで前の3人は上から見て右のゲートに行き、同時タイミングでNTの圭くんが一人左のゲートを使っており、それを見て左右の海面を見比べると右海面から入ってきそうだったので私は圭くんと同じゲートに行きました。すると途中から大きく右に振れ、私が1位までまくれました。(圭くんありがとう…!)これからは自分で気づけるようになります。。。1位12-2、2位12-34薫、3位12-39柴原未来、4位35-45江理香、5位12-32嶋崎諒子でした。

驚いたのが、このレース10位中9人がなんと2回生レディースを含める京大でほぼ京大ラウンディング状態ということになっており、マスパン入るとすげえってなりました。ゴリゴリのメンズの中でツルツル海面で必死にもがいた甲斐がありました。

【第4レース】 南南東2~4m/s

1位の20-87 花ちゃんが速すぎてどこにいるのかわからなかったのですが、聞いたらスタートでて誰よりも左に突っ込んで堤防からのポートリフトブローでもうほぼアプローチやったらしいです。速かった…。1上では12-18 望月明、49-5太田華代ちゃんや49-18 二瓶裕美子が前を走っており、横浜市立大学の中風の速さが感じられました。“左奥突っ込み”、浜名湖のセオリーなのかもしれないですね。。

この風域の下りはいかにアンダーを入れられるかが大事な気がしました。 フィニッシュ順位は私が下りや2上でまくり2位、3位49-18 裕美子、4位49-5 華代ちゃん、5位35-6 美樹となりました。

~3日間を通しての感想~

3回生になって初めてのレースで、前を走れたというのもあって、今まで以上に全体海面、ブローがどうなっているのか、戦略などについて考えることができました。だから同時にこれから詰めていかなくてはならない課題がたくさん見つかり、本当に有意義な3日間を過ごすことができました。素晴らしい運営をしてくれた関西・関東のマネージャーの子たち、また新しいことなど沢山教えてくださったコーチ陣の方々、そして今年の実行委員長を務めてくれた京大の諒子!!本当にありがとう!!!

楽しい3日間を過ごすことができました。これから夏のレースシーズンに向けてそれぞれの目標に向かって頑張っていきます!

​最終リザルト

2回生はもう先輩!

さっそく新歓合宿行ってる青学さすが!(上智・早稲田・横国も)

今年のプリンセスは誰かな?

TEchnO293